首にきび ピーリング

MENU

首にきびにピーリングはどう?効果があるのかな?

首ニキビには、古い角質を落とすことができるピーリングが有効です。
ピーリングに関しては、自分で行うのは危険という情報もありますが、記載されている用法容量、使用頻度をきちんと守ればとても効果的な改善方法です。

 

首ニキビというのは皮脂の分泌量が多すぎるせいで出来る顔ニキビと違って、ホルモンバランスの乱れや老廃物、衣服などの摩擦が主な原因になります。
しかし、大元の原因は角栓に皮脂汚れや古い角質が詰まって角栓が出来ることです。
角栓が出来ると、皮膚の常在菌であるアクネ菌が異常繁殖してたくさんの分泌物が出ます。
この分泌物の刺激によって炎症が起こることでニキビが出来るのです。
つまり、皮脂汚れや古い角質を取り除くこと、毛穴の詰まりを解消することがニキビの一番の改善方法なのです。

 

首はターンオーバーのサイクルが遅いため、古い角質が残りやすく毛穴も詰まりやすいのですが、ピーリングをすることでこの状態を改善できます。
ピーリングとは、グリコール酸やサリチル酸、フルーツ酸など酸の力で角質を溶解して取り除く美容法です。
皮膚科でもニキビの治療に用いられる方法なので、角質が厚くターンオーバーが遅い首ニキビにはとても効果的です。
ピーリング成分が配合された化粧品はいろいろあるので迷ってしまいますが、もっとも効果的なのはピーリング石鹸です。

 

拭き取り化粧水やニキビケア専用の基礎化粧品セットもありますが、首の角質は顔よりも厚みがあるため、拭き取るだけでは角質が落としきれないことがあります。
また、基礎化粧品でピーリングをする場合は、どうしても肌を直に擦ることになるので摩擦や刺激を与えてしまうためニキビが悪化することもあります。
ピーリング石鹸ならしっかり洗って角質を落とせますし、泡がクッション代わりになって摩擦を与えることもありませんから、首ニキビのピーリングにはぴったりです。
それに、石鹸は薬剤の濃度も低いので安全に使用できます。

 

そして、化粧品を選ぶ時にもう一つ重要になるのがピーリング成分です。
ピーリング効果のある成分にも種類がいろいろあり、効果の高さにも違いがあるのですが、サリチル酸は効果は高いもののその分肌への刺激も大きくなります。
乾燥肌や敏感肌の方がサリチル酸を使うと、逆に肌トラブルが起きてしまったり、肌質が低下するかもしれません。
ですので、初めてピーリングをする場合は、フルーツ酸やグリコール酸など肌に優しく負担が少ない成分を使っているものを選ぶようにしてください。