首ニキビ 炎症

MENU

首ニキビの炎症 悪化しない為には何をしたらいい?

首は顔と同様に紫外線のダメージを受けやすく、しかも外部にさらされているため乾燥も起こりますから、一度ニキビができると悪化しやすいのですぐにケアを始めましょう。
首ニキビの炎症に効果的なケア方法は2つあります。

 

首はターンオーバーのサイクルが顔よりも遅いので、まずはターンオーバーを促進させるためにピーリングをしましょう。
ピーリングは、ターンオーバーを邪魔する皮脂汚れや古い角質を取り除いてくれます。
また毛穴の詰まりも改善できるので、ニキビの原因となる角栓の予防や解消効果も期待できます。
ピーリング成分が配合された拭き取り化粧水を利用するのもいいですが、首の皮膚は顔よりも厚みがあるのでピーリング石鹸を利用するのがお勧めです。
AHAというフルーツ酸を配合した石鹸や、クレイ(石灰で出来た泥)が主成分となっている洗顔料などを使うといいですね。
フルーツ酸は酸の力で汚れを溶解して落としますし、クレイは微粒子が汚れを絡め取って落すので、肌に負担や刺激を与えることなくピーリングができます。
ちなみに、スクラブが入った洗顔料もピーリング効果がありますが、スクラブは硬い粒子で皮膚をこすって汚れを落すので刺激が強いです。
特に炎症を起こしているニキビは、こすることでさらに炎症が悪化してしまうので、スクラブ入りの洗顔料は絶対使わないでください。
また、ピーリングによるケアは毎日やらないでください。

 

毎日ピーリングすると健康な角質まで落としてしまい、皮膚も薄くなってトラブルが起きやすくなります。
メーカーごとに使用方法は異なるので、必ず確認して正しい方法で使いましょう。

 

2つ目のケア方法は、抗炎症成分と保湿成分でスキンケアをすることです。
炎症を抑える効果に優れているのはビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体には抗炎症作用の他に皮脂の過剰分泌を抑えたり、メラニンの生成を抑制する作用があるので、ニキビの改善やニキビ跡の予防効果があります。
炎症が起きたら、とにかく鎮めなくてはいけませんから、ビタミンC誘導体が入った化粧水や美容液でケアをしましょう。
また、保湿成分は水分を蓄える力をサポートしてくれるので、肌を柔らかくする効果があります。
柔軟性のある肌は老廃物などの排出もスムーズになりますし、毛穴の硬化を防いで詰まりにくくする効果もあります。
保湿成分はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなどいろいろありますが、それぞれ保湿への働きが異なるので、複数の保湿成分が入っている基礎化粧品でケアをして、悪化を防いでいきましょう。