首ニキビ クリーム

MENU

首ニキビのクリームってあるの?メルラインがオススメです!

首ニキビの対策に効果的なクリームは、保湿成分がたっぷり配合されているものを選ぶのが正解です。
一般的に、ニキビを改善するには皮脂の分泌を抑えたり、皮脂汚れをしっかり落とすことが重要と言われます。
もちろん皮脂はニキビの大元の原因となるものですから、過剰に分泌されていれば抑えなくてはいけませんし、毛穴に詰まらないようにする必要があります。
そのためニキビケア専用のクリームには、皮脂の分泌量を少なくする効果がある成分が配合されているのですね。
ただ、首は顔や背中のように皮脂腺が多いわけではないので、皮脂の分泌を抑えるためのアプローチ方法はこれらの部位とは異なります。
首ニキビも皮脂が過剰に分泌されることで出来るものの、もともと皮脂腺が少ないのですから、皮脂の分泌量も少ないため、分泌を抑制する成分ではニキビ改善の効果がないのです。
首ニキビの皮脂の分泌量が多くなるのは、主に乾燥が原因なので、乾燥から守ることが効果的なケア方法になります。

 

特にトラブルがなければあまり意識しないことですが、首というのは意外に乾燥しやすい部位です。
というのも、首は顔と同じように紫外線をダイレクトに浴びたり、外気にさらされる部位なのに、ファンデーションなどで守られていませんし、スキンケアも顔ほど丁寧にすることはありません。
また衣服の摩擦や髪の毛の刺激も常に受け続けるので、ダメージが蓄積されています。
いくら顔よりも皮膚に厚みがあるといっても、顔と同様にダメージを受けているのですから、バリア機能が衰えて乾燥してしまいます。
皮膚が乾燥すると防御機能が働いて皮脂の分泌量が増えます。
首の場合、皮脂腺が少ないところに皮脂がたくさん分泌されてしまうので、より一層詰まりやすくなってしまいます。
そのため他の部位と違って大きなニキビになりやすいのですが、いずれにしても首ニキビの根本的な原因は、ダメージなどによる乾燥なのでしっかり保湿をする必要があります。

 

保湿成分と言えば、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどがありますが、どんな成分であっても浸透力が高いものを選びましょう。
コラーゲンやヒアルロン酸は分子量が大きいため、そのままでは肌の表面に残ったままで浸透しないのでナノ化されているものや水溶性のものを選ぶといいですね。
セラミドには植物性セラミドや合成セラミドなどいくつか種類がありますが、角質層に存在するセラミドに一番近いのがヒト型セラミドで浸透力に優れています。

 

浸透力のある保湿成分が入ったクリームでバリア機能を高めれば、乾燥による皮脂の分泌を減らせるので首ニキビの改善効果が期待できます。